トワイライトゾーン/超次元の体験 [DVD]

映画「トワイライトゾーン」(1983年)は撮影中の事故で、出演者3名が亡くなっている。
 



▲事故のニュース映像

映画「トワイライトゾーン」の主演ヴィック・モローが子供2人を抱え、川を渡るシーンの撮影中に事故は起こった。
モローが子役を両脇に抱え、川に入ったとき、背後の小屋が爆発する。
爆風にあおられ、低空飛行中のヘリコプターが墜落してしまう。
ヘリコプターの乗員は一命を取りとめたが、墜落したヘリコプターの翼がモローと子役を直撃。3名ともに死亡。