オズの魔法使 特別版 [DVD]

映画「オズの魔法使い」(1939年)でドロシー役を主演したジュディ・ガーランド(当時13歳)は、覚せい剤アンフェタミンを服用していたという。


映画「オズの魔法使い」で主役のドロシーを演じたのは、当時13歳の子役ジュディ・ガーランド。
主演が決まったさい、かなり肥満気味だったジュディは、極度のダイエットを命じられる。
そこで、ダイエット用の薬として

覚醒剤(アンフェタミン)を常用する

ようになった。
当時のハリウッドでは、アンフェタミンや睡眠薬の服用は普通だったようだ。
そのご、ガーランドはドラック中毒気味になり、1969年に睡眠薬の過剰服用で亡くなっている。